彩光デザインの風景

彩光デザインの風景

提灯職人による和紙照明製作の現場をご紹介します

彩光デザインの和紙照明の製品はMADEinJAPAN、安心の日本製です。
提灯職人が一つ一つ丁寧にそして真心を込めて手作りした
提灯を皆様へお届けしています。
今まで何百、何千個と提灯を作っている提灯職人さんは
自身の経験や技を駆使して複雑な形をしたものでも綺麗に仕上げていきます。
それでは、職人の技が吹き込まれた和紙照明製作現場を
少しご紹介させていただきます。

和紙照明の提灯型は、百種類以上!

まずご紹介させていただきたいのが、創業から作り上げてきた
和紙照明の提灯型の数です。
その数なんと100種類以上です。
今までの彩光デザインの歴史がギュッと凝縮された
提灯型の数々は、彩光デザインの骨格みたいなもの。
何年も使うと徐々に提灯型も傷んできます。
永く愛用できるように大切に扱って保管しています。
大きいものだと2m以上の大きさの提灯型もあるんですよ。
たくさんの提灯型

和紙照明の提灯は職人さんが、真心こめて丁寧に手作りしています

和紙照明のシェード部分の提灯は
提灯職人が一つ一つ手づくりで製作しています。
シェードの形によって提灯貼りの難易度も違いますし
和紙の種類によっても糊との接着具合が違いますので
全部同じようにとはいきません。
一つ一つに高い技や経験を必要とする提灯作りに
百戦錬磨の提灯職人が顔色を窺うように
毎日提灯と向き合い、誠心誠意製作しています。
提灯の製作現場

一部の和紙は、自社オリジナルの手漉き美濃和紙です

彩光デザインの和紙照明に使用している和紙は
オシャレな和紙、可愛い和紙、上品な和紙、鮮やかな和紙など
産地に絞られず各地の様々な和紙を使っています。
中には自社で紙漉きをしたオリジナルの和紙もあります。
自社の手漉き美濃和紙紙漉き風景

彩光デザインオリジナルの和紙は
本社所在地である関市の隣、国指定重要無形文化財
また2014年にユネスコ無形文化遺産登録された「本美濃紙」で
有名になった岐阜県美濃市の美濃和紙が盛んな田舎町にて
手漉きにて美濃和紙を製作しています。とくにもみじをつかった和紙や
オリジナルで和紙の型を製作して漉いたSORAの和紙を使った
和紙照明は高い人気があります。
彩光デザインオリジナル手漉き美濃和紙

ソケット(照明器具)も自社で組み立てをしています

彩光デザインは、和紙シェードに使うソケット部分(照明器具)を
自社で組み立てしています。
自社で組み立てを行うことにより
コードの長さ、灯数などお客様のご要望に関して迅速にご対応できます。
灯具の組み立て

出荷前の提灯に和紙の破れ、浮きがないかなどをチェックしています。

仕上がった和紙シェードは
出荷場にて破れ、和紙に浮き(和紙と糊がしっかり接着しているか)がないか
などをチェック、検品します。
検品が終了したら箱詰めの作業に入ります。
提灯タイプの和紙シェードは、綺麗に畳むことができるので
箱のサイズは薄くなります。
また重量はどの製品も軽めなため地震などで万が一落ちたり
倒れてもケガの心配はほとんどありません。
出荷場の作業

箱詰めが終わり、いよいよお客様のもとへ製品のお届けとなります。
毎日、平日の夕方に宅配業者の方に集荷に来ていただき順次出荷しております。
以上が彩光デザイン現場のご紹介となります。
いかがでしたか。彩光デザインのこと少しは知っていただけたでしょうか。
お客様により良い品質で、製品をお届けできるように
これからも日々精進していきます。
箱詰めして出荷です。

PAGE TOP